我が子、風邪で撃沈‥

今朝から高熱で病院から戻っても夕方の今も寝続けています。

年に数回こんな事になります。

熱を測ってまずやる事は、小児科の受付予約!

やはりまずはしっかり医師の受診と適切な投薬が重要です。

こうなると私にとってはアロマもおまじないレベルな気持ちになってしまいますが、爽やかな香は気分を瞬時に和らげてくれるのは確かです。


ペパーミントの冷湿布:ボウルにペパーミント3滴位 水、氷。タオル(ビニール袋

後頭部やくびのあたりを冷やします。

脚の付け根や脇は効果的ですが、結構不快のようです。

今日は足も熱くなり本人希望で鼠けい部も冷やしました。

ペパーミントの清涼感がほてる肌にも気持ちよく、またタオルが温まってもサッとふるとまた冷たく感じます。もちろん氷水でのゆすぎ直しが一番です。

周りがぬれるので、ビニールに入れたりします。うちでは肌に影響ないことを確認し直接当てながら上からビニールをかける方法をとっています。


毎日アロマに囲まれていると確かに風邪をひきにくくなりました。

しかし、我が子の生活習慣は風邪をひかない訳がない状態。

学校でも家でも常に歌って踊っています。そしてやりたいこと、やらなければいけない事をこなす。。じっとしないまま小学生高学年が毎日11時近くまで起きているのです。

医師でない私達が扱うアロマは安全な濃度で使っているので劇的な反応はありません。しかし香りが心身のバランスを取ってくれるのも事実です。。そもそもそのバランスを保つ為の土台作りも必要な訳です。

アロマで心身バランスを保ち健康維持増進のためには、やはり日々の生活を見直すことからが大切と実感しているところです。

ご飯を食べて、薬を飲みました‥

0コメント

  • 1000 / 1000